パナソニック・プライベートビエラ使い心地

パナソニック社製品の屋内ポータブルテレビ「プライベート・ビエラ」の使い勝手をご紹介します。
使い始めて10ヶ月経ちました。
寝室やキッチンでTVを観たい人、家族と別の番組を観たいけど、部屋置きじゃなくて稼働式がいいなぁと思っている人は参考にして頂けると思います。
実際に使って分かったメリットと「ここが足りないなぁ」と感じている製品改善要望もご紹介します。あくまでも私の主観的感想ですが、参考になれば幸いです。

私がプライベートビエラを買った目的

なぜプライベートビエラに決めたのかをお話しします。
キッチンで料理をしているとリビングのテレビ映像は目に入るけど、音までは聞こえないんですね。ボリュームを大きくすると、リビングにいる家族としては、音が大き過ぎてしまう。という事で、キッチンにおける小型テレビを探していました。
大型家電量販店で小型テレビが大分低価格化されていて、迷いましたが、決定的な事に気付きました。キッチンにはテレビチューナーを差し込む場所がないのです。店員さんに相談したら、プライベートビエラならば、チューナーとテレビ本体を電波で通信させるので、キッチンにチューナー無くても使えると教わりました。
しかも防水なので濡れた手で、タッチパネル操作出来るという点も気に入りました。大きさは一番小さい10型にしました。キッチンで置く場所を選ばずちょこんと置けて大変便利です。

手軽に持ち運んで吊るし掛けも出来て便利

据え置く場合は、プライベート・ビエラの枠部分を脚として使えます。ある程度、角度も選べます。
本体は500mlペットボトルより軽いので、片手でちょっと持って移動出来てとてもお気軽に移動出来ます。
チューナー機と違う部屋に持ち運んでも、映像が崩れることはないので、お風呂に持って行って見ることもあります。
枠部分は、物干し竿に通してテレビを吊り下げる事も出来るので、天気予報やニュースを見ながら洗濯干しをしています。これ、忙しい朝は重宝しています。
体調を崩した時、寝室や別室で体を休めてる時も、枕もとに持っていけるのも嬉しいです。大きさは好みですが、私は10型が軽量で、何処でもサイズがフィットするように思います。

今後の特に強化を期待する機能二つ

フル充電しても3時間持つかどうかのバッテリーです。
特番や映画を見るときは、電源アダプターを近くに置いて置かないと、番組途中でバッテリー切れになります。バッテリーが無くなって来ると画面が白黒になって充電を促すメッセージが表示されます。稼働時間がもう少し長くなれば良いです。
番組予約や録画予約が出来ますが、番組検索が出来なくので、番組表をスライドさせて目的の番組を探さなければなりません。毎週予約など定期予約してしまえば良いのですが、検索機能がない点は意外と面倒に感じるシーンが多いです。これは使ってみて気付くました。ぜひ検索機能を追加して欲しいです、

如何でしょうか?
HDD容量もたっぷり充分なので、録画溜めした料理版雰囲気をキッチンで選んでみながら、料理出来たり、洗濯など家事しながらテレビが観れるって、想像してたより便利です。
皆さんも試して観ては如何でしょうか?
将来は音声認識でタッチしなくても、番組変更や予約出来るようになるかしら?
今後の製品成長を期待しつつ、いま手元にあるプライベートビエラのバッテリーがおバカさんになるまで使い込もうと思っています。