スピーカーがあれば、ふだん聞いている音楽や映画が一味違う臨場感あるものに!

最近のテレビやオーディオ機器は、それだけで十分な音質だと思っている方も多いかもしれません。
確かに、聞き流すような音楽やバラエティのテレビ番組を見るぶんには十分かもしれませんが、スピーカーがあるとその音が全然違うということに驚くことになるでしょう。
それでは、スピーカーがある生活とはどんなものかをご紹介していきたいと思います。

スピーカーを購入したきっかけはコレ!

我が家にあるスピーカーはBOSEの「Solo5TV sound system」です。
テレビに接続するタイプのもので、基本的に移動はさせずに置いたままで使用します。
持ち運べるポータブルタイプと迷ったのですが、音の良さはやはりテレビに接続するタイプの方がいいと思ったのでこちらにしました。
値段は3万円ちょっとでした。
テレビに接続するタイプのものは、値段がピンキリでかなり高額なものもあるので、予算にあわせて選ぶことができます。
映画はあまり見ないのですが、音楽はよく聞くのでずっとスピーカーが欲しいと思っていました。
たまたま行ったショッピングセンターにBOSEの直営店があり、そこで実際の音を耳にして気に入ったので購入をすることにしました。

買ってよかったと思ったことはココ!

まず、音に関しては満足しています。
低音の重厚感はやはりスピーカーがあると全然違います。
うちでの使い方は、ケーブルテレビの音楽チャンネルをつけっぱなしにして聞いているか、Bluetooth機能があるのでウォークマンと接続させて音楽を流しっぱなしにしています。
ふだん家にいるときは、全く静かなのが苦手で何かしらの音がないと嫌なのですが、よくわからないテレビ番組を付けっぱなしにしているよりも音楽が流れている方がいいです。
もちろん映画を見るときも使用します。
部屋を暗くして音を大きくして見れば、映画館とはいわないまでもかなり迫力が出て臨場感が全然違ってきます。

少しだけ不満をもったところはココ!

基本的に購入して満足しているので不満はないのですが、しいて言えば2点あります。
リビングのテレビに接続してあるので、別の部屋のテレビでは使えないので、普通のテレビの音響は少し物足りなく感じてしまいます。
ポータブルタイプのものであればこの点は問題なかったのですが、音質の良さを優先させたため仕方ないことだと割り切っています。
もう一点は、取扱説明書がないに等しいので、使い方がよくわからないことです。
割と大きめのリモコンがついているのですが、使い方がわからず、結局電源のONとOFFでや音の大きさを変えるときくらいしか使っていません。
おそらく音質を変えたりすることができるのだと思いますが・・・。

スピーカーは「テレビ」「DVDプレーヤー」ほど優先順位は高くないと思いますが、やはりあれば生活がうるおう黒物家電のひとつだと思います。
値段も百万以上するものから数万で買えるようなものまでさまざまあるので、できれば実際に店舗で音を聞いて体感し、使用用途や予算にあわせて選ぶことをおすすめします。